電子タバコで禁煙

電子タバコに関する用語について調べてみました。

・ミスト:煙
・カートリッジ:タバコで言う、フィルター部分で。ここに味の元になるリキッドがある。
・アトマイザー:バッテリーとカートリッジの間にある発熱する機械。


ここで作られた熱で電子タバコのカートリッジの液体を気化する。
ディフューザーという人もいるんだけど、詳しくは不明。

・リキッド:味や煙(ミスト)の元になる液体。

確かバッテリーが大きいと煙がよく出るんですが、細長い缶ジュースを吸ってるように見えるのが難点です。
こんなこと調べても、元々タバコは吸わないので、意味が無いなあと思いました。

会社でも使ってる人はいないですから、あまり効果の程が実感できなかったんでしょうね。
ところが、公共の場所では意外と使えるという事ですよ。
禁煙スペースでも、堂々とくわえても御咎めは無かったりとか。

たまに勘違いされるケースもあるようですが、そういう時は、丁寧に説明するのだそうです。
非常に微妙のようですね。
タバコっぽくてもタバコじゃないが、煙は出てるので(笑)

公共のマナーについても、考える機会が増えたとかで、煙を嫌う人の心理も少しは理解出来るようになったことが収穫だと言ってました。
ちょっと遅いんですけどね、理解のスピードはね。

«
»