健康は大切なもの

人生にとっては一番大切なものは何でしょうか?金銭ですか?地位ですか?権力ですか?
これらのものは大切ですが、金銭、地位、権力などよりもっと大切なのは私たちの体です。

健康です。
詳しく言えば、健康は身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないこと。

生活スピードが速すぎになって、現代人のストレスも多くて、仕事や人間関係からの圧力を受けて、いろいろな原因で疲れやすく、心もイライラやすくなりました。
自分に一番大切なものを失って、幸せになる能力も失うのでしょう。

しかし、健康になる方法はたくさんあると思います。
たとえば、天気のいい週末に、友達と公園などのところに行って、きれいな空気を吸って、自然と一緒になったらどうでしょう。

美しい音楽が流れ茶室でお茶を飲みながら、本を読んだらどうでしょう。
スポーツクラブに行ったりしたらどうでしょう。
心が健康になれば、体も健康になると思います。

メンタルヘルスの重要性も高まっており、特に、法人の従業員に対するメンタルヘルスへの取組は、企業価値を大きく左右する世の中です。
精神疾患で休職や退職に追い込まれるのは民間企業の従業員だけではありません。

公務員、特に地方公務員である、教職員の休職が増大傾向です。
学級崩壊などの影響もあり、これからの公教育は正念場を迎えていると言ってもいいでしょう。

«