子供第一

中国の家庭では子供を一番重要にする家族が多いです。
これは家族同士の呼び方からわかります。

例えば、結婚したばかりの家庭では、夫婦同士は「あなた」とかの親しい呼び方で相手を呼びます。
子供がいると、夫婦同士はお互いに相手を「お父さん」と「お母さん」を呼ぶようになります。

子供が結婚して、また孫がいると、夫婦同士は相手を「おじいさん」と「おばあさん」を呼ぶようになります。
子供は家族の中心になって、家族全員は子供を愛護しすぎるために、「過保護」の問題がますます深刻になります。

このような問題を改善するため、小さい頃から子供の独立性を培養するのは大切です。
食事や入園、入学など、子供にできることをやらせて、親も楽になります。
自分で出来ることは自分でやることを学ばせない限りは、生きていくことすら出来なくなる可能性もあります。

確かに、子どもの行動は不確実で不安定ですが、訓練しなければ確実性も安定も期待できません。
反復練習あるのみです。
失敗を咎めるのではなくて、どうすれば失敗の可能性が低くなるのかを、親が提案して更に反復練習です。

過保護に育った子どもは、他者依存度が高く、それが当然と思い込まされています。
言えば思い通りになるという学習思考で育ちましたから、本当に性質が悪いものですね。
全ては親の責任なのですが、その親もまた似たような性向であるため、始末に終えないという悪循環です。

通販もある精肉
家族健康食肉卸の精肉
家族の健康にも貢献する高品質な食肉の卸業者。バーベキューセットの宅配も評判。
meat-kimura.co.jp/

«