お見合い結婚と自由恋愛結婚

中国では、昔お見合い結婚がほとんどでした。
結婚式当日、はじめて相手の顔を見たことも多々ありました。

ほとんど両親が子供の結婚相手を決めますので、両親に反対されたら、いくらお互いに愛していても、結婚できない時代がありました。

現在は自由恋愛の時代です。
両親が意見を出すことができますが、ほとんど自分で自分のことを決めます。自由恋愛結婚が主流になりました。

しかし、面白い現象が起こっています。
昔より現在のほうは、離婚率がかなり高いです。

もちろんほかの理由もいろいろあると考えられますが、お見合い結婚の夫婦の絆がどんどん深くなる一方、自由恋愛結婚の夫婦の愛情がだんだん冷たくなったのも、その理由の1つだと思います。

日本では、結婚できない独身男女と、あえて結婚に価値を求めない独身男女の数が増えてきています。
婚礼ビジネスも少ないパイの食い合いによって、サービスもいろいろなスタイルが登場しました。
レストランを借り切ったハウスウエディングなど、良い例です。

価値観の多様化と人との繋がりの希薄化の中で、個人あるいは少数の意見が尊重されるようになっているのだと思います。
仲人制度が崩壊したのは、はっきり言って、煩わしいからでしょう。
私も個人的に仲人の立場が理解できませんし、する必要もないし、価値も全く感じていませんでした。

披露宴も同様にプライベートで交流の無い人間を招待することの意味がわかりませんでした。

»