40歳が体の変化の境目といいます

本が好きな私は、日頃から書店には足を運ぶのですが、最近は健康に関する書籍のコーナーに長居する事が多い気がします。
と言いますのも、今年でめでたく40歳を迎えることになりました。

先日購入した健康雑誌の記事に「個人差はあれど、40歳から体の中身が入れ替わる」「今まで現れていなかった遺伝子が働きだす」と掲載されており、思わず見入ってしまいました。

食品も肉より緑黄色野菜や魚を沢山とるように意識し、毎日運動をすること、そして自分にあった趣味を持つと尚良いそうです。
食事は以前から気をつけていたものの、再確認すると子供向けの高カロリーの食事に片よりがちでした。

和食中心に変えます。
運動はヨガを自宅で時間を決めてしてみようかと思います。

趣味はガーデニングと言えば聞こえがいいですが、お庭の草ひきをしてすっきりさせようかと思います。
自己管理が重要な年齢になった事を自覚しました。
不惑の年と言いますが、まさに惑わずに突き進むのみですね。

年だから、という理由で何もしないのは、自分自身が作り出したものであり、全く説得力がありません。
しかし、年齢を理由にすることは、誰もが否定できないのも現実です。
上手く使えばいいのですが、何でも「年齢」を免罪符にするのは、人生の充実に消極的なのかもしれません。

美しさはいつまでも続きませんが、それは肉体的なものだけ。
気力と精神力には年齢はありませんから、どんどんと磨いていきましょう。


ヘルシーな精肉を卸がお届け
徹底した品質管理と肉の目利きのプロが選んだ特選の品々をご家庭まで
meat-kimura.co.jp/

«
»