トンボ玉

ガラスの歴史は古く、4500年ほど前の昔にはガラスを作る技術が出来ていたと言われています。
そのころ作られていたガラス玉は、魔除けとして身に着けられていました。

次第に、ガラス細工の色を増やしたり、模様をつけたりできるようになり人気が高まって世界的に広まったのです。

日本でも、2000年ほど前から勾玉が作られていたことが分かっています。
江戸時代になり、長崎の出島にはオランダからトンボ玉が運ばれてくるようになり、それを手本に江戸でもトンボ玉が作られるようになりました。

庶民にも手に入れられるものだったので、かんざしや根付けなどの装飾品として流行し、江戸だけでなく京都や大阪にも広まりました。

現在でも、携帯のストラップやペンダントなどとして、トンボ玉を愛用している人は多くいますし、トンボ玉づくりの体験ができる施設も人気があります。
こうした体験がきっかけで、職人の道を目指してくれると後継者問題等も少しは改善されるかもしれないですね。

さて、国内産業の空洞化が懸念されて久しいですが、中国へ進出した企業が現地法人を引き上げるという事態も多いそうです。
中国の驚異的な発展で、安いと言われていた低コストな人件費の魅力が薄れてきたのです。
そこで他国へと進出の転換を諮る訳ですね。

国内の優秀な労働力を雇う方がコストパフォーマンスに優れるケースもあるようです。

ゴージャスなアクセサリー
チタンピアスの通販SHOP
最もアレルギーになりにくい材質として責任を持って販売できる品質
www.nadeshiko-st.com/
関連:www.bowsville.net

«
»