心のふるさとである京都

京都府は本州の西中部において、794年から1868年までの一千年間以上の間には日本の首都と経済、文化の中心でした。
日本人に心のふるさとだと思われました。

現在面積は4613平米で、人口は約262.7万人です。
関西地方に属します。

京都府で強い日本情緒を感じられます。
ここは織物、陶磁器、漆器などの日本伝統工芸品の産地で、花道と茶道もここで繁栄しているから、京都は“本物の日本”だと呼ばれていました。

京都は文化の繁栄地で、芸術も、仏教も、民間的な手工芸術も世界有名です。
観光客は京都に来たら、日本料理の作り方や伝統的な工芸、芝居、茶道と花道などを学べます。

京都では、毎日お祝いとお祭りが行われて、濃厚な地方風俗が富んでいます。
特に毎年の10月22日が行われる時代祭は、京都が都になった後の1000年間以上の間の風俗を、年代別で展示します。

観光に大きな価値があると思います。
しかし、京都に下りたってみると一番驚くのが、風情とは少しかけ離れた近代的な駅ビルではないでしょうか。
この駅構内の散策もまた楽しいものです。

長い階段を上り切ると展望台にもなっているので、疲れた時の気分転換には丁度良いでしょう。
風が強いと時期にもよりますが、ちょっと肌寒いこともありますが、高台から見る景色は絶品です。
早く観光名所に行きたくなります。

バスがかなり複雑ですので、乗り間違いだけは避けたいものですね。

«