人気を呼ぶツイッター

ツイッターはブログと即時通信の変種として、大人気を呼んで、流行しています。
ツイッターはインタネットと携帯電話を繋がって、ブログと同じく自分の情報を登録してから、携帯でメッセージをネットに伝えられます。

ブログは長い文章を書くイメージですが、ツイッターは超小型のブログで、利用者がインタネットで毎回140字しかを書けません。
それに、文章やイメージ、写真などをアップロードして他人に見せることもできます。

MSNなどの即時通信ソフトと違って、ツイッターは知り合いでなくても、自分がアップロードしたメッセージが誰でも読めます。
ツイッターのこれらの特徴によって、たくさんの若者に利用されています。
ツイッターを利用して友達になった人もたくさんいます。

使い方も人それぞれで、他人のつぶやきをひたすら返すだけの人、拡散だけを熱心にする人、実況中継や箸にも棒にもかからないひとりごとまで、情報の質も玉石混交です。
恐らく流行りに触発されてアカウントを取得したものの、惰性で使い続けている人も多いのでしょう。

検索結果には、このつぶやきの内容は表示されませんが、単に提携関係を解消しただけでなく、やはり情報の質にバラツキがありすぎることと、同じような情報が大量に発生することで、検索者の利益にならないという決断をしたのかもしれません。

あかの他人の今現在の行動を知っても、何の得にもならないですからね。

«
»