コンビニとスーパーの違い

コンビニはコンビニエンスストアの略称で、英語でCVS(Convenience Store)と言います。
コンビニはスーパーと違って、一般的に民居の近所や、町の隅などのところで、小さい場所があれば、営業できます。

スーパーは第一回消費理念の革命を持ってくると言えば、コンビニは第二回消費理念の革命を持ち来ます。
コンビニはアメリカや日本などの国で現れた時期と発展の背景が違いますが、全体から見れば、コンビニはスーパーの発展が熟になった後、スーパー業から分化された小売業態です。

一方、スーパーの発展はその自身の克服しにくい邪魔があります。
それは、スーパーは一般的に賑やかな所にあって、ショッピングなら、不便があります。
もう一つはスーパーの発展はコンビニに進んでいる販売方式や経営管理を提供しました。

コンビニは売れたモノを重点的に品ぞろえしているために、同地域でも店舗によって、並んでいる商品が違う場合がありますが、スーパーになると、全てをカバーするような品揃えです。
買い物のしやすさはスーパーには敵いませんね。

今では、ネットスーパーが続々と開店しています。
インターネット上で必要なものを注文し、店員さんが数時間後に配達するという、宅配システムを稼働させているスーパーも目立ってきました。

これが非常に評判が良く、通販の素っ気なさを人がカバーするような感じが良いのでしょうね。
昔の御用聞きを思わせるようで、中高年の利用が目立っているそうです。

»