司法試験

司法試験は国で統一組織する特定の法律職業の資格試験です。
合格したら必ず就職できるわけではありませんが、検事、司法官、弁護士などの法律と関係ある職業に就職したいなら、その資格を手に入れたら有利です。

就職するには、検事と司法官はまた国が統一行う公務員試験を受けなければなりません。
合格したら就職できます。

弁護士は弁護士免許試験に合格しなければなりません。
2010年から、毎年9月第二日曜日に司法試験を行います。

毎回試験を受ける人が数万人ですが、合格率はそんなに高くなく、大体20%前後だそうです。
それに、司法試験を受ける人に一定の条件があります。

犯罪と違法の経歴がなく、18歳以上の中華人民共和国公民、法律で規定した大学法律専門以上の学歴を持つ人は司法試験を受けられます。
以上、中国での聞いた話ではありますが、日本の最高難易度の国家試験のひとつでもある司法試験は、合格後も一定の研修等を終えなければ一人前にはなれないようですね。

ところが最近では、就職口が無いということで、このような将来を約束されたかのような資格を持っていても、食べられなくなっている状況なのだそうです。
資格が客を呼ぶ時代は、既に終焉してしまったのですが、あぐらをかいていた業界は取り残される運命なのです。

供給過剰であってもダメなんですよね。
またニーズを喚起しても、これまで敷居を高くしていたために、客足はますます鈍るばかりでしょう。

«
»