税の歴史に学ぶ

今や社会生活に不可欠な税制度。
この税制度がいつから始まったかご存知だろうか。
一説によると、中国の歴史書として有名な魏志倭人伝に、税制度と思われる記述があるという。

これが本当に確立した税制度であれば、卑弥呼の時代から存在していたことになる。
この税制度の根幹にある意味はなんだろうか。

国民の三大義務として納税の義務がある。
これは自分たちの社会で発生する費用を全員で賄おう、という意味ではないだろうか。
かなり噛み砕けば、助け合い精神から生まれたと考えてもいいだろう。

しかしこの助け合いのための税制度は、意に反してその時代の都合による解釈がされていたのではないか。
結果的に国民を苦しめる歴史もあった。

遺憾ではあるが、この長い歴史があるからこそ、見えてくるものもある。
それは税制度は国民のためにあるべきということだ。

長い歴史の中では、あまりの国民の貧窮により、三年間の免税が行われたこともあるという。
これこそ税制度の見本と言える。
税金の歴史を紐解くことは、今あるべき税制度の姿を見直すことにもつながるのかもしれない。

日本はこれから税率が相対的に上がっていくことになるだろう。
そうでもしない限り、財源が持たない。
段階的に上がっていくことは避けられなくなり、もしかすると所得格差などはもっとひどくなる可能性もある。

もう手遅れかも知れないが、国家破綻だけは避けたいところ。

社員が気持ちよく働ける会社に
就業管理の実態
勤務の月次締め処理時に勤務実績を本人が確認し上長が承認をする運用
biz-work.jp/
関連:www.amvenfood.org

«
»