複製コンテンツを避ける

社内では事務効率化が毎年のように叫ばれることが多いのではないでしょうか。

例えば、契約内容の見直しだけで、ランニングコストが増えるのを抑制できることもあります。
コピー機の保守契約には、何枚プリントしたか(プリントカウント)で、単価が変わる契約があるそうですので、要チェックですね。

コピー枚数が増えるほど、単価が下がっていくシステムもあるようで、常に一定単価での契約ならば、ボーダーラインを決めて、単価の引き下げの折衝を行うことも、重要な合理化案件です。

小規模な会社は、資料も少なくでコピーも少ないと考えるのは大間違いで、IT化が不十分なことが多く、紙資料じゃないと落ち着かないという理由で、全て紙で社内文書を保存する場合、以外とコピーやプリントアウトも多いものです。

総務系に従事している人は、コピーカウントを調査して、電子化を含めた中古コピー機導入を検討することも必要でしょう。

ランニングコストを絞ることは、いずれ限界が見えてきますし、多大な労力使って絞り出す作業をすることは、本末転倒な状況となります。

中古コピー機でありながらも、保守契約を締結してメンテナンスをすれば、意外にも経済的です。

最新機種のコピー複合機の導入は、意外と宝の持ち腐れの事業所が多いという話もあります。
あまりにも事務所周りの固定資産にばかり、気を取られることは、最終的には大きな効果はありません。

やはり節税を含めた決算書類から、本当に改善しなければならない、真の原因を追及することが肝心です。
例えは、ホームページなどでは、「節税」「税務コンサルタント」などの検索キーワードでピックアップされたとしても、どこも似たような文言で作られていますよね。

税理士事務所や会計士事務所を利用すると、どういう効果が得られるのかを訴求することによって、複製コンテンツもどきのホームページへと転換することが可能になります。

オフィスの眺め
カスタマイズ可能勤怠管理システムは様々なデバイス対応
残業の指示・申請・承認、予定と実績のチェックがリアルタイムで確認。上長から管理下社員への指示機能も搭載。
biz-work.jp/
関連:www.jianxunnet.com

«
»